ナビ

ナビ

閉じる

    閉じる

  • 卒園児向けページ
  • アクセス
  • 園バス
  • BOOK&CD
  • かえでの歌
  • そよかぜくらぶ
  • 子どものつぶやき
  • 園内マップ
  • 情報公開
  • お問い合わせ
  • トップページに戻る

かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

園のごあんない
かえで幼稚園へようこそ。
ここでは、園歌にある5つのキーワードから
園の様子を紹介します。

あそんでぼくらはにんげんになる

かえで幼稚園がいちばん大切にしているのが、友達と一緒に過ごしたり、ひとりで過ごしたりできるたくさんの時間です。
友達と森で秘密基地を作ったり、ときにはひとりで絵をとことん描きつづけたり。
豊かな時間の中に、豊かな人生へのヒントがたくさんつまっています。
子どもが自分の持っているすべてを使いきる、そんな時間を保証します。

もりとあそぼ はっぱやきとあそぼ

園庭につづく森は子どもたちの大好きな遊び場です。
がけを登ったり、たくさんの落ち葉で遊んだり、平らな園庭ではできないことがいっぱいあるからです。
園庭でも小さな田んぼなどで作物を育ててみんなで食べたり、拾い集めたドングリをままごとに使ったり、身の回りにある四季を遊びに取り入れています。

あそびはこどものしごと

失敗しても何度も挑戦する、けんかを自分たちで解決する、言葉を友達と共有しあう。そうして色々な感情を経験すること、自分の頭で考え抜くことこそが長い人生を生き抜くために必要な力だと私たちは考えています。私たちが日々しているのは、子どもたちの感情や言葉を先取りすることなく援助し、背中を押してあげることです。

あそびつかれて ねるこはそだつ

友達と遊べているのか、ずっと泣いてばかりではないのか、保護者の方にとってわが子の姿が「見えない」ことの不安や悩みは大きいものですが、見えないところでこそ子どもは成長するものです。
私たちは、保護者の方が背伸びしすぎることなく自然とわが子の成長に気づけるような手助けをしたいと思っています。
子どもの成長を私たちと一緒に楽しんでいきませんか?

あそんでぼくらは ともだちになる

卒園したらもうかえで幼稚園とはさようなら、ではありません。
小学生になっても園庭に思い切り遊んだり、中学卒業の節目に会いに来たり、大人になりふらっと立ち寄って懐かしい先生たちと昔話に花を咲かせたり、あるいは親になり子どもが園児として通うようになったり…
かえで幼稚園はいつも卒園生のみんなを待っています。

園内マップはこちら

園内マップ